【なろう系小説】「本好きの下克上」感想【弱ネタバレ含む】(香月美夜)

記事で紹介している作品小説家になろう
出典:版元ドットコム
スポンサーリンク

はじめまして!
なろう系作品大好きサラリーマンのヘーボンです!

↓最初なので、簡単に自己紹介をさせてください↓

子どもの頃からアニメ大好き少年でした。

社会人になってからも、仕事帰りは必ず本屋に寄って、ほぼ毎日漫画やラノベを買っていました。

そんな生活だったので、毎月給料を本に使い果たしてしまい
ガチで食費が足りない状態に…


さすがにまずいと思ったのですが、それでも本を読むのは辞められない!
…ということで見つけたのが、「小説家になろう」を始めとしたWEB小説です。

無料で読めるのに名作揃い!
いくら読んでも読み尽くせないほど、膨大な投稿作品数!

ということで、すっかりハマってしまいました。

おかげで本の購入量も程々になり(買わなくなったとは言ってない)、ちゃんと貯金も出来るようになりました。

しかし感動した小説というのは人に話したくなりますよね!

2021年2月、自粛生活が続き時間があるということもあり、気に入った作品の感想をブログにまとめていこうと思い立ちました!

「私も同じ作品好きだ!」という方、是非とも共感した気持ちをコメントしてください!

これから新しく読む本を探している方、このブログが参考になると嬉しいです。

…と、前置きが長くなりましこちらたが
↓記念すべき最初の紹介作品はこちら↓

「本好きの下克上 ~司書になるためには手段を選んではいられません~」(香月美夜)

アニメ化もされた人気作です。

この主人公、三度の飯より本が好きという本狂いで、個人的に

めちゃくちゃ親近感湧きます!

僕が本が無い世界に転生したら生きていけないだろうな…
自分で作るとか無理だし(諦め)

まずはあらすじや登場人物に関して解説して、最後に僕の感想を述べさせて頂きます。

重度のネタバレは避けるつもりですが、序盤~中盤のネタバレを含みます。
全くネタバレして欲しくないよという方は読まないようにお願いします。

ヘーボンはブログ作成自体が初めてです。
完全に手探り状態ですが温かい目で見守ってやってください。

「本好きの下克上」あらすじ

本好きが長じて司書に就職することが決まっていた主人公は、就職前に大地震により死んでしまいます。

そして転生した先が、ファンタジー世界の貧しい兵士の娘、マインでした。

たとえどんな過酷な環境でも、本さえ読めれば生きていけるとマインは考えますが
印刷技術の無いこの世界では本は超高級品。
とてもマインの手に入るものではありません。

しかし無いと言われて納得しないのがマインです!
無いのならば自分で作れば良いと、紙作りから始めます。

最初は周りの人間から変な目で見られますが、次第にマインの技術に目を付ける者が現れます。

兵士の娘でしかなかった少女が、自分の夢を実現させるためにどんどん地位を上げ、
周囲の評価を変えていく「下克上」の物語。

主な登場人物

マイン(ローゼマイン)

とにかく本が大好き。
本を発明するためにどこまでも邁進していく主人公です。
町を歩くだけで倒れてしまうほどの虚弱体質で、転生ものの主人公にしては非常に無力ですが、本以外にも様々な発明をして周囲を驚かせます。

後にローゼマインと改名し、貴族の養子となります。

フェルディナンド(神官長)

神官を束ねる非常に有能な青色神官です。
マインに引けを取らない魔力を持っており、暴走しがちなマインの手綱を握れる稀有な存在で非常に頼りになる大人の男性です。

マインと違って健康な分、作中最強キャラと言って差し支えありませんが、複雑な生い立ちのせいで不遇な立場に追いやられていました。

ルッツ

マインの家の近所に住む少年で、マインの最初の理解者となる少年です。
物語後半では出番が減ってしまいますが、それもマインと下町の距離が離れてしまっていることを表しているようで寂しくなりました。
マインからの信頼は厚く、家族同様に「いつか帰りたい故郷」を象徴する存在です。

ベンノ

ギルベルタ商会の主人。
マインの発明品の価値にいち早く気付いた、商売における師匠のような人物で
はっきり言ってこの人が居なければ後のマインの躍進はあり得なかったでしょう。

ジルヴェスター

祈念式にマインたちに付いてきた青色神官。
自由奔放な性格。
その正体は…。

ヴィルフリート

ジルヴェスターの長男でローゼマインの婚約者。
我儘な少年として登場します。
しかしローゼマインと関わることで心を入れ替えていく、素直で努力家の少年です。

立場上どうしてもローゼマインと比較されることが多く、努力している割に報われません。
それでも文句も言わずに努力し続ける真っすぐな性格なので、私のお気に入りキャラクターです。

続編の「ハンネローレの貴族院五年生」では救いがあるのだろうか。




はっきり言ってまだまだコメントしたい登場人物は沢山居るのですが、多過ぎてキリがないので今回はここまでとさせて頂きます。

また後日追記したり、別記事にしたりするかもしれません。

「本好きの下克上」感想

アニメ化もされた文句なしの名作です。
マインのように好きなものがハッキリしている主人公は行動がブレないし応援したくなりますね。

マインは少し歩くだけで倒れてしまうほどの虚弱体質で、最初は人並みの生活さえままならない状況なので、いったいどうやって活躍するんだと不安になってしまいました。

しかし発明した商品が商人の目に止まったあたりからどんどん面白くなっていきます。

マインは後にチート級の魔力を持っていることもわかりますが、虚弱体質のせいで何かをする為には必ず誰かに助けて貰わなくてはいけません。
誰よりも強いのと同時に誰よりも弱いという不思議なキャラクターです。

魔力チートに関しても、強すぎる魔力のせいで死にかけたり、厄介な相手に目を付けられたりするので決してご都合主義な俺Tueeというわけではなく、むしろ理不尽な世界へのジレンマがよく描けています。

下克上というタイトル通り、マインはその発明品や強大な魔力によってどんどん地位を上げていくのですが、本心では家族と一緒に穏やかに暮らすことを望んいます。

しかし家族や身内を守るために地位が必要になり、地位が上がるほど家族とは距離が出来ていくなどままならない展開が続きます。
家族に別れを告げるシーンでは本気でガン泣きしました。

ですが離れていても思い合う家族愛には胸を打たれますし、散々上から振り回してくれた相手と立場が逆転した時のカタルシスは堪らないです。

すごく長い話ですが、一度は読んでほしい作品です。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました