【なろう系小説】「ヒロインな妹、悪役令嬢な私」感想【中ネタバレ含む】

記事内で説明している作品 小説家になろう
出典:版元ドットコム
スポンサーリンク

こんにちは!
なろう系作品大好きサラリーマンのヘーボンです!

今回紹介する作品は、悪役令嬢物の中でも特にお気に入りの作品です。

また悪役令嬢かよって声が聞こえてきそうですが…

好きなんだから仕方ない!

↓というわけで今回紹介する作品はこちら↓

「ヒロインな妹、悪役令嬢な私」

タイトルの通り、主人公は悪役令嬢に転生し、ヒロインが義理の妹になります。

悪役令嬢物って大きく分けて、シナリオ上のヒロインと仲良くなるパターンと対立するパターンがあります。
しかしこの作品は前半めっちゃ仲良くて後半対立するという、両方のパターンを合わせたような展開です。

なんといっても主人公の性格がめちゃくちゃ面白い!

完結した時、「もっと読ませてくれよ」と悶え苦しんだ作品です。

中盤以降のネタバレについても言及しているので、最後に「ネタバレ感想」として項目を分けました。
未読の方はご注意ください。

「ヒロインな妹、悪役令嬢な私」あらすじ

その日、公爵令嬢クリスティーナ・ノワールは怒っていました。

愛する母親を亡くして落ち込んでいるときに、父親が養子を取ると言い出したからです。

「母上が死んですぐに養子を取るなんて…」「ひょっとして愛人の子か?」

養子なんて認めない!と息巻くクリスでしたが、父親に連れられてきた女の子をみて衝撃を受けます。

(…天使だ!天使が居る!)

そのあまりの可愛らしさにメロメロになったクリスは、その衝撃で前世の記憶を取り戻しました。

この世界は義妹のミシュリーを主人公とする乙女ゲーム「迷宮デスティニー」の世界で、クリスティーナはミシュリーを虐めて最終的にミシュリーとヒーローによって断罪される悪役令嬢だったのです!

でもそんな前世の記憶もゲームの設定もクリスにとってはどうでもよいことです。

(私がミシュリーを虐めるなんてありえない…)

なぜなら    義妹が可愛すぎるから!!!!!!


「ヒーローもイベントもお呼びではない!ミシュリーは私が幸せにする!!」

愛する義妹の幸せを守るため、クリスティーナはどこまでも突き進む!

たとえそれが自分の破滅を意味するとしても…

主な登場人物

クリスティーナ・ノワール

自分を天才と称する、非常に優秀で努力家な少女。

非常に自信家な上にお転婆ですが、礼儀作法や勉学に関しては家庭教師のマリーワに徹底的に教え込まれており、社交の場では完璧な淑女として振る舞うことが出来ます。(本人は第二形態と称する)

ミシュリーと出会う直前に母親を亡くしており、母が亡くなって直ぐに父親が連れてきたミシュリーを愛人の子ではないかと疑いますが、前世の記憶を取り戻したおかげで誤解は解け、むしろ溺愛するようになります。

基本的に優秀ですが、ミシュリーに対しては完全に盲目状態で簡単に言いくるめられてしまいます。

その溺愛ぶりは依存とも呼べるレベルですが、義妹を独占したいとまでは考えていません。

むしろ養子という立場で社交界に出られないミシュリーに、広い世界を見せてやりたいと考えています。

「無欲の聖女」のレオノーラもそうですが、好きなものがハッキリしている主人公なので好感が持てます。

※ゲームにおけるクリスティーナ
ミシュリーを義妹とは認めず嫌がらせをします。
その理由はミシュリーが愛人の子であるという誤解のせいだと思われますが、幼いころはミシュリーを可愛がっていたという描写もあり、シナリオ内で明言はされていません。

ミシュリーが3人居るヒーローの誰を選んでも断罪されることになりますが、ミシュリーとシャルルが結ばれた場合のみ自ら命を絶つ。このことからシャルルのことは本気で愛していたのかもしれません。

本編のクリスは彼女のことを「自分とは似ても似つかない愚か者」と考えていますが実は…

ミシュリー・ノワール

王妹の子ですが、母親は出産と共に死亡し父親が不明だったため、存在しない子として城内の一室でひっそりと育てられます。
他人の感情に敏感であり、唯一接する機会のある乳母や護衛からは「可哀そうな子」を見る目を向けられていたため、誰にも懐かない子供時代を過ごしました。

しかしノワール公爵に引き取られクリスと出会った際に、初めて「可愛い」と言われたことでクリスに懐くようになります。

行動的なクリスとの比較で大人しいと思われがちですが、姉以外への関心は低く、姉妹への依存心はクリスよりも強いといえます。
特にクリスの婚約者であるシャルルのことは、姉を奪う敵として認識しています。

義姉への依存心が強い反面、義姉のためならいくらでも頑張れる芯の強い少女です。

※ゲームにおけるミシュリー
主人公でありヒロイン。プレイヤーは彼女視点でエンド・シャルル・レオンの3人のヒーローの誰かを攻略していくことになります。

義姉であるクリスティーナから拒絶され、当初は和解したいと望んでいましたが、何度も拒絶されたことにより対立するしかないと考えるようになります。


最終的に王族の血を引いていることが発覚し、クリスティーナのそれまでの悪行を告発し断罪することでハッピーエンドを迎えます。

シャルル・エドワルド

第三王子にしてクリスの婚約者。マイペースな性格。

婚約は政略的なものですが、婚約前にクリスと出会い、その時からクリスを気に入っていました。
素のクリスが好きなため、淑女らしい第二形態は苦手。

クリスティーナとの仲を邪魔しようとするミシュリーと衝突することもしばしば。

※ゲームにおけるシャルル
ヒーローの一人。クリスティーナの婚約者だが、虐められているミシュリーを励ますうちに魅かれていくようになる。
ミシュリーとシャルルが結ばれた場合、クリスティーナは自殺しノワール家はミシュリーが継ぐことになる。

レオン・ナルド

平民の少年。ノワール公爵家の屋敷の塀に度胸試しで登ろうとして敷地内に落ちてしまったところでクリスティーナやミシュリーと出会う。

手当しようと言ってくれたミシュリーに惚れかけますが、早い段階で本性を目の当たりにしたので深入りせずに済みました。
多くの平民と同じように貴族に対する忌避感を持っていましたが、クリスティーナやミシュリーと接する内に苦手意識は薄れていった。

面倒見の良い少年です。

※ゲームにおけるレオン
ヒーローの一人。
レオンのルートではミシュリーと共に貴族と平民の仲を取り持っていくことになります。

エンド・エドワルド

第一王子にして王太子。
気位が高くクリスティーナとは相性が悪いが、自信家であったり初対面でミシュリーに惚れたりするなど実は似た者同士かもしれません。

※ゲームにおけるエンド
ヒーローの一人。
傲慢な性格をミシュリーによって解きほぐされていきます。

マリーワ・トワネット

クリスの家庭教師。

その教育方針はスパルタで、クリスが淑女らしからぬ事をすると鞭で打つこともあります。
しかし教師としては優秀で、彼女の教育や発言はクリスティーナの考え方に多大な影響を与えています。
実はミシュリーの母親とは旧知の仲。

ノワール公爵

クリスティーナの父親でミシュリーの養父。
我が道を行く娘達に振り回される苦労人だが、公爵家当主として厳格な一面も持つ。

良い人なんだけどいまいち報われてない可哀そうな人。

サファニア・カリブラコア

侯爵家の三女。
運動が苦手で娯楽小説が好きという典型的なインドア少女。

初対面でクリスティーナの猫かぶりを見破ったことがキッカケで友人件ライバルとなります。
2人の姉には可愛がられているが、本人は社交的な姉たちを苦手に思っているようです。毒舌。

「ヒロインな妹、悪役令嬢な私」感想

主人公のクリスが大変魅力的なキャラクターです。
天才を自称していて態度もデカいが、その実非常に努力家で抜けているところもある。まるで「スラムダンク」の桜木花道を女性にしたような性格をしています。

貴族としての自分の責任や役割を充分に理解しながらも、ミシュリーの為なら平然と投げだそうとするいっそ清々しいくらいの妹狂い。その後、家庭教師のマリーワに折檻されるまでがお決まりパターンです。

序盤はただひたすら義妹を可愛がるだけの話ですが、キャラクターの掛け合いが非常に面白いので飽きません。

いつまでも読んでいたい気になるコメディー作品です。

ネタバレ感想

以下ネタバレを含みます。未読の方はご注意ください。

当初クリスはゲームのシナリオを無視してひたすら義妹を可愛がっていますが、途中で話が180度変わりました。

ミシュリーが修道院に入れられることになってしまい、クリスはそれを自分がシナリオを無視してしまったせいだと解釈します。
そこでゲームのハッピーエンドの流れに戻すために、あえて自分の評判を落とすように行動し、ミシュリーとも仲違いしてしまいます。

それまで義妹が大好きな姿をこれでもかと見せつけられてきたので、突き放すシーンは胸に刺さりました。

時折クリスが母親を思い出す描写がありますが、ミシュリーに対する愛情は義姉としてというより母親の気持ちに近いのかもしれません。自らを省みないほどの無償の愛情が痛ましいです。
義妹が大事なのは分かるけど、もっと自分を大事にしてくれ…

このまま完全にシリアスになるのかと心配しましたが、話の流れを壊さない範囲でコメディー調に戻っていったので安心しました。

淑女の仮面を外して悪役を目指し始めたのに、かえって人気が出てしまったりと、優秀なのに空回りするところは相変わらず。

良い人なのに敵認定されたお父様が可哀そう。笑


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました