【ダイの大冒険】魔王軍強さランキングベスト20

魔王軍 強さランキングネタバレ考察(ダイの大冒険)
出典:ダイの大冒険 305話
スポンサーリンク

こんにちは!
ダイの大冒険大好きサラリーマンのヘーボンです!

ダイの大冒険は何と言っても敵キャラが魅力的な作品です。

魔王軍メンバーは勿論大半が悪人なのですが、一人一人に信念があり、悪役でありながらついつい好きになってしまいます。

加えて魔王軍はダイたちを決して侮らず最初から全力で潰そうとしてくるので、本来であれば終盤に戦うような強敵が序盤から攻めてくることも珍しくありません。

今回はそんな強敵揃いの魔王軍のキャラクターを強さ順にランキング付けしました

※途中で魔王軍を抜けたキャラクターは、在籍時の強さでランク付けしています。

ダイの大冒険のネタバレを含みますので、気にする方はここでページを閉じるか他の記事へどうぞ!

【ダイの大冒険】魔王軍強さランキングベスト20

魔王軍強さランキング20位 ゴロア

魔王軍強さランキング20位 ゴロア
出典:ダイの大冒険 291話

バーンパレスの魔力炉を管理する魔物

本来の役割は戦闘ではありませんが、魔力炉を管理するためにバーンから与えられた重力波操作の能力は終盤のダイを行動不能に陥らせるだけの威力があります。

魔王軍強さランキング19位 マキシマム

魔王軍強さランキング19位 マキシマム
出典:ダイの大冒険 278話

オリハルコンの軍団を指揮するキング

自称バーンパレス最大最強の守護神ですが、その戦法は弱った敵にだけ襲い掛かるハイエナの様なものです。

キングスキャンスーパースキャンで敵の能力を暴き、オリハルコン軍団に襲わせるのが基本戦略ですが、自身の戦闘能力は高くはない模様。

一応身体はオリハルコンらしく、その拳の威力には自信がありそうでしたが、結局作中で披露する機会はありませんでした。

魔王軍強さランキング18位 ボラホーン

魔王軍強さランキング18位 ボラホーン
出典:ダイの大冒険 90話

竜騎衆の一人で海戦騎の称号を持ちます。

マヒャド級の威力を持つコールドブレス天下無双の力が自慢でしたが、ヒュンケルには通じずに「オレの仲間には倍は力が強い奴(クロコダイン)がいる」と言われてしまいました。

しかしポップのペタンを受けても平気な顔をしているなど、「六団長に匹敵する」と言われる竜騎衆のメンバーとして充分な実力は持っています。

魔王軍強さランキング17位 ガルダンディー

魔王軍強さランキング17位 ガルダンディー
出典:ダイの大冒険 90話

竜騎衆の一人で通称空戦騎ガルダンディー

空を軽快に飛び回り、相手の体力を奪う赤い羽根や魔法力を奪う白い羽根を使って相手をいたぶるように戦います。

残忍な性格なので竜騎衆の中では小物臭く見えてしまいますが、ポップと戦った時は一方的にいたぶれるほどの実力差を見せつけました。

魔王軍強さランキング16位 クロコダイン

魔王軍強さランキング16位 クロコダイン
出典:ダイの大冒険 20話

六団長の一人で、獣王と呼ばれる男

パワーだけならハドラー以上」と言われており、その剛腕から繰り出される斧の一撃は岩盤を軽く粉砕します。

基本的にはパワーファイターですが、真空の斧の効果でバギ系呪文を放ったり、相手を痺れされるヒートブレスを吐くことも可能。

必殺技は腕から闘気の渦を放つ獣王痛恨撃(後に獣王会心撃に改名)で、高威力なだけでなく素早いシグマに命中させられるほどの速度があります。

なによりも特筆すべきは鋼鉄並の硬度を誇る肉体でしょう。バランのギガブレイクを2発も耐えきったキャラクターはクロコダイン以外にはいません。

それを考えると序盤のダイの攻撃には全て耐えられそうなものなので、負けたのはやはり心に迷いがあったからでしょう。

序盤で魔王軍から離反したため在籍時の強さでランク付けしていますが、その後も新技を身に着けた以外はそこまで大幅にパワーアップした印象はなく、最初から戦士としてある程度完成されていたと言えます。

魔王軍強さランキング15位 ヒュンケル

魔王軍強さランキング15位 ヒュンケル
出典:ダイの大冒険 35話

六団長の一人で、通称魔剣戦士ヒュンケル

デイン系以外の呪文やブレス攻撃を防げる鎧の魔剣を装備しており、剣の腕前はハドラーと互角以上に戦えるほど 。

鞭のように変形する剣の太刀筋は予測困難な上、暗黒闘気まで操り、闘魔傀儡掌で相手の動きを封じながら放つブラッディスクライドは凶悪の一言。

序盤で魔王軍を抜けてしまいますが、その後も大きくレベルアップしているため、最終的な強さで言えば5位にはいくと思います。

魔王軍強さランキング14位 フレイザード

魔王軍強さランキング14位 フレイザード
出典:ダイの大冒険 63話

六団長の一人で、氷炎将軍と呼ばれる男

炎の様な凶暴さと氷の様な冷徹さを併せ持つ」と言われており、冷静に戦略を立てながらも、時にリスクを恐れず思い切った攻撃を仕掛けることができます。

特に自身を無数の石つぶてとして操る弾丸爆火散は、フレイザードの核を見つけ出し砕かなければ防ぐ手立てがなく、ヒュンケルやクロコダインといった軍団長クラスの相手であっても一方的に攻撃する事が可能です。

倒すためには空の技が必要なので、相性によっては上位のキャラに勝利することも可能でしょう。

魔王軍強さランキング13位 ザムザ

魔王軍強さランキング13位 ザムザ
出典:ダイの大冒険 130話

ザボエラの息子で通称妖魔学士ザムザ

ザボエラの息子と聞くと大したことはなさそうですが、自身を超魔生物に改造したことで驚異的なパワーと再生能力を獲得しています。

その強さは竜闘気を扱えるようになったダイを一度は倒してしまうほどで、並の軍団長を超えていると言えるでしょう。

ただし超魔生物の姿になると、本来の得意分野である呪文が使えなくなるという無視できない弱点もあります。

魔王軍強さランキング12位 ブロック

魔王軍強さランキング12位 ブロック
出典:ダイの大冒険 212話

ハドラー親衛騎団の城兵ルック

巨大な建造船を片手で担いでしまうほどの怪力の持ち主で、力自慢のクロコダインを力ずくでねじ伏せてしまいます。

しかしその真価は身を挺して仲間を守る盾役としての能力であり、仲間を自分の巨体で地面に押し込んでポップのメドローアから守ったり、主人と自身の位置を入れ替えるキャスリングでバーンに殺されそうになったハドラーを救い出しました。

言葉が喋れないので鈍そうに思えてしまいますが、有事の際は一瞬で自分を盾に出来る度胸と判断力を持ち合わせています。

非常に優秀なブロックですが、その真価はパーティー戦でこそ発揮されるものなので、今回は親衛騎団の中では最下位とさせて頂きました。

魔王軍強さランキング11位 ヒム

魔王軍強さランキング11位 ヒム
出典:ダイの大冒険 175話

ハドラー親衛騎団の兵士ポーン

熱血漢な性格で、近接格闘においては天下無敵
一度はダイを圧倒したほどの実力者です。

必殺技はメラ系の威力を拳に宿して殴り掛かる超熱拳ヒートナックルですが、結局作中では敵に当たらず仕舞いでした。

今回は魔王軍在籍時の強さでランク付けしていますが、プロモーションの能力でパワーアップしたあとなら7位くらいまではいくでしょう。

魔王軍強さランキング10位 フェンブレン

魔王軍強さランキング10位 フェンブレン
出典:ダイの大冒険 179話

ハドラー親衛騎団の僧正ビショップ

親衛騎団の中で唯一残酷な性格をしており、ハドラーからは「功名心」や「虚栄心」を強く受け継いだと言われました。

しかしバランを格上と認識しながらも挑もうとする姿はダイに挑もうとするハドラーの姿勢と通じるものがあり、「向上心」を受け継いだという肯定的な言い方も出来るでしょう。

全身の8割以上が刃物で出来ており、並の武器で殴り掛かれば武器の方が切れてしまいますし、体当たりでもしようものなら技を仕掛けた側が重傷を負うことになります。

またバラン相手にバギクロスツインソードピニングで奇襲を仕掛け、実質的には勝利していることから、頭も非常に回るようです。

魔王軍強さランキング9位 シグマ

魔王軍強さランキング9位 シグマ
出典:ダイの大冒険 246話

ハドラー親衛騎団の騎士ナイト

相手を侮ることをしない騎士道精神を持ち合わせた戦士で、ポップが自分の事を「ただの人間」と呼んだ時も「そういうことを言う奴が一番危険」として警戒を緩めませんでした。

オリハルコンの身体で並の攻撃は効かない上に、マァム以上の素早さと跳躍力を持ち、最大の脅威であるメドローアもシャハルの鏡で跳ね返せるなどおよそ隙が見つかりません。

必殺技のライトニングバスターは右腕からイオナズン級の威力をゼロ距離で放つというもので、相手に密着しないと使えないという短所はありますが、一瞬で相手との距離を詰められるシグマにとっては大きな弱点にはならないでしょう。

魔王軍強さランキング8位 キルバーン

魔王軍強さランキング8位 キルバーン
出典:ダイの大冒険 298話

大魔王バーンの側近で、通称死神キルバーン

暗殺が本分の処刑人で、戦闘においても相手の感覚を奪う死神の笛や、見えない刃を周囲に設置するファントムレイザーなど、相手を罠にかけるような戦法を用います。

魔王軍でも屈指の実力者の筈ですが、相手をいたぶることを好む残忍な性格が災いして、アバンからは「必勝の気迫が無い」と称されてしまいました。

最強の技は自身の腕を犠牲にしたバーニングクリメイションですが、それもハドラーの灰を被ったアバンに防がれてしまったので、超魔生物や竜の騎士相手には通用しないと思われます。

魔王軍強さランキング7位 アルビナス

魔王軍強さランキング7位 アルビナス
出典:ダイの大冒険 243話

ハドラー親衛騎団の女王クイーン

その戦闘能力はまさしく”最強の駒”の名に恥じないもので、得意技はベギラゴンのエネルギーを針状にして全身から放つニードルサウザンド

さらに最終バトルフォームになると、超高速移動が可能になる上に、針状にしたベギラゴンのエネルギーを片手に集めて放つサウザンドボールが使用可能になります。

本来両手を使う必要がある極大呪文を片手で放てることで、極大呪文の連発が可能となり、マァムからは「バーン級」と称されました。

最終的に「女王はうかつに動かさない」というチェスの定石からヒントを得たマァムに敗北しますが、その定石についてはアルビナス自身も認識しており、勝負を焦ってしまったことが敗因と言えます。

もしもアルビナスが本気を出さず、ニードルサウザンドでじわじわと攻撃してきたらマァムには勝ち目は無かったかもしれません。

魔王軍強さランキング6位 ラーハルト

魔王軍強さランキング6位 ラーハルト
出典:ダイの大冒険 90話

バランの配下である竜騎衆の一人で、通称陸戦騎ラーハルト

バランが魔王軍と対立したことでラーハルトも必然的に離反する事になりますが、強さは序盤から変わっていないでしょう。(バランの血で多少パワーアップした可能性はありますが…)

戦士でありながら非常に身軽で、ヒュンケルとの戦いでは最終的に敗れたものの、終始ラーハルトがヒュンケルを圧倒していました

その戦闘力は終盤の敵にも十分に通用し、ミストバーンが「ロン・ベルク級かもしれん」と称するほどです。

バランの印象が大きくて忘れがちですが、ラーハルトも序盤で登場していい敵の強さではありません

並の六団長相手であれば圧倒できる実力者ですが、超魔ゾンビに有効打を討てるかどうかは難しいところだと考え6位とさせて頂きました。

魔王軍強さランキング5位 ザボエラ

魔王軍強さランキング5位 ザボエラ
出典:ダイの大冒険 267話

六団長の一人であり、妖魔司教と呼ばれる男

「強者とは最後まで生き残った者のこと」という信条を持ち、自分はリスクを冒さずにダイたちの弱点を的確に攻めてくるので、敵に回すと非常に厄介な存在です。

魔王軍の中でも一目置かれる魔法力を持ち、特に受けた呪文に自分の魔法力を上乗せして放つ収束呪文マホプラウスは防御としても攻撃としても超優秀。作中ではメラゾーマ十数発分の威力を放ちました。

…と、策略家として優れているザボエラですが、これだけではザボエラが5位という高順位に居る事に納得出来ない方もいるかもしれません。

ザボエラが高順位になった理由…それは超魔ゾンビの存在です。

改良版超魔生物と呼べる超魔ゾンビは、仲間の犠牲の上に成り立つおぞましいものですが、その強さは圧倒的といえます。

クロコダインすらも子ども扱いしてしまう驚異的なパワーに加え、死肉で出来た肉体はどんな衝撃も吸収してしまい、ミストバーンと互角に戦えるロン・ベルクですら一度は諦めてしまったほどです。

最終的にはロン・ベルクの星皇十字剣に敗れてしまいますが、ロン・ベルクはそのために剣と両腕を犠牲にしており、そこまでしないと倒せない超魔ゾンビの耐久力は作中トップレベルと言えるでしょう。

ハドラーの超魔爆炎覇バランのギガブレイクまでは防げないと考えて5位とさせてもらいましたが、もしザボエラ自身にもっと戦闘経験があり、敵の大技を避けることが出来る技量を身に着けていれば、もっと高順位になっていたかもしれません。

魔王軍強さランキング4位 ハドラー

魔王軍強さランキング4位 ハドラー
出典:ダイの大冒険 152話

かつて地上を席巻した魔王であり、一度はアバンに倒されたもののバーンから不死身の肉体を授かり魔軍司令となった男。

イオナズン・メラゾーマ・ベギラゴンという極大呪文を操り、格闘技においても人間相手であれば敵なしの強さを誇ります。

腕に隠されたヘルズクローはヒュンケルの鎧の魔剣を貫くほどの硬度を誇り、まさに何でもできるオールラウンダーな戦士です。

さらに自らを超魔生物に改造してからは、肉体的にも精神的にも大幅にパワーアップ。

驚異的な再生能力を手に入れた上、魔炎気を覇者の剣に纏わせて放つ大技”超魔爆炎覇”はバランのギガブレイクと互角の威力を誇ります。

最終的にはバーンに対し離反するので、本ランキングでは離反前のダイとバランの二人を相手に戦った時の強さでランク付けしていますが、最終的にはもう一段階パワーアップを果たすことになりました。

とはいえ、竜魔人バランを超えるほどかというと難しく、最終的な順位も変わらないかもしれません。

魔王軍強さランキング3位 バラン

魔王軍強さランキング3位 バラン
出典:ダイの大冒険 104話

六団長の一人にして竜騎将と呼ばれる男
純粋な竜の騎士で、ダイの父親でもあります。

ダイとの戦闘後に魔王軍を抜けますが、強さは初登場時から完成されていたと言えるでしょう。

歴代の竜の騎士が蓄積してきた”闘いの遺伝子”を受け継いでおり、その実力は大魔王バーンが「できれば戦いたくない」というほどです。

全身に竜闘気を巡らせることで、大半の攻撃は防いでしまう最強の防御幕とすることができ、並の戦士では傷一つ付けることはできません。

ダイと同様に魔法剣を使用する事が出来ますが、魔法の威力はダイ以上で、愛用の真魔剛竜剣にギガデインの力を宿した一撃”ギガブレイク”はダイのライデインストラッシュの完全に上位互換。本家ドラクエに逆輸入されたことでも有名です。

ただでさえ最強クラスに強いですが、さらに”竜魔人”と呼ばれる最終バトルフォームに変身する事ができます。

竜魔人となった時は竜闘気を全開にして放出する大呪文ドルオーラを使用する事ができる上、純粋な格闘技だけで超魔生物となったハドラーを子ども扱い出来てしまうほどの戦闘力を発揮します。

ダイたちとはストーリー序盤~中盤に戦う相手ですが、本ランキングで3位という高順位に居ることからも分かるように、序盤で戦っていい強さの敵ではありません

魔王軍強さランキング2位 バーン

魔王軍強さランキング2位 バーン
出典:ダイの大冒険 314話

言わずと知れた大魔王。

無限とも思える魔法力を持ち、最弱の呪文であるメラでポップのメラゾーマに打ち勝ってしまうほど。
「今のはメラゾーマではない、メラだ」というセリフはダイの大冒険を読んだことが無い人でも知っているくらい有名です。

光魔の杖を使用することで、その膨大な魔法力を物理攻撃力に変換する事ができ、そうした時の剛撃力はまさしく無限大、ダイの剣ですら敵いません。

真の肉体を取り戻し、真・大魔王バーンとなってからはまさしく完全無欠となり、フェニックスウィング・カラミティエンド・カイザーフェニックスという超必殺技を3連続で放つ「天地魔闘の構え」が使用可能となります。

さらには鬼眼の力を解放することで、”鬼眼王”と呼ばれる巨大な魔獣の姿になることが可能。
その時の強さは竜魔人となったダイですら追いつめるほどでした。

まさしく作中最強キャラ…と言いたいところですが、最終的にはダイに倒されてしまった事と、他に作中で攻略できなかった敵キャラが存在するため惜しくも2位となりました。

魔王軍強さランキング1位 ミストバーン

魔王軍強さランキング1位 ミストバーン
出典:ダイの大冒険 305話

六団長の一人であり、大魔王バーンの肉体を預かる腹心。

作中随一の暗黒闘気の使い手で、得意技である闘魔滅砕陣は敵複数に纏めてダメージを与えながら行動不能に陥らせ、さらに追加攻撃も可能という壊れ技。対抗可能なのは光の闘気の使い手だけなので、それ以外の相手には完封勝ちが可能です。

しかし暗黒闘気はあくまで彼の真の力を覆い隠すためのものであり、彼の真価は普段は隠している素顔をさらした時に発揮されます。

大魔王バーンは自らの身体を老いさせないために、真の身体に対象の時間を止める”凍れる時の秘法を施した上でミストバーンに預けていました。

”凍れる時の秘法”で時間が止まった身体は、本来であれば指一本動かせなくなるはずです。
しかし他人の身体に憑依して操る事が出来るミストバーンがバーンの身体に憑依することで、一切のダメージを受け付けない無敵の戦士が誕生しました。

まさしく最強の肉体を無敵状態で操ることが出来るミストバーンは、ヒムのオリハルコンの腕をねじ切るほどの腕力を持ち、ヒム・ラーハルト・クロコダインの猛攻を受けても微動だにしません。

唯一ポップのメドローアは有効打になり得るかと思われましたが、ミストバーンは魔法を跳ね返す技”フェニックスウイング”を持っていたため通用しませんでした。

作中では戦闘中にミストバーンがバーンに肉体を返したために無敵ではなくなりましたが、あのまま戦っていたら主人公のダイですら勝つことは出来なかったでしょう

総合的な強さで言えば主人であるバーンの方が上なのですが、攻略法が存在しないという点を考慮し、今回晴れて1位に輝きました。

強敵揃いの魔王軍

以上、魔王軍強さランキングベスト10如何でしたでしょうか。

バトル漫画には色々なタイプの敵が登場するものですが、ダイの大冒険の敵は使い捨てのキャラが少なく、一人一人が丁寧に扱われています

作中で大きな成長を見せたハドラーが最たる例ですし、終始嫌われ者として描かれていたザボエラですら最後に超魔ゾンビという活躍シーンが用意されていました。

悪人であってもそれぞれしっかりとした信条を持っているので、魔王軍の強敵たちから生き様を学んだという人も少なくないでしょうか。

↓「ダイの大冒険」の記事をもっと読むならこちら

↓「ダイの大冒険」をアニメで見るならこちら

トライアル実施中!<U-NEXT>

コメント

タイトルとURLをコピーしました