時代はヒール!?おすすめ悪役令嬢作品10選【小説家になろう】

悪役令嬢 おすすめまとめ記事
出典:版元ドットコム
スポンサーリンク

こんにちは!

小説家になろう作品大好きサラリーマンのヘーボンです!

皆さん悪役令嬢物好きですか?

本来は悪役として破滅するはずの令嬢を主人公として、主人公を破滅される”ヒロイン”を返り討ちにする」というのが定番のストーリーで、幸運だけで成り上がろうとするヒロインに、自分の才覚で対抗するという、シンデレラストーリーへのアンチテーゼのようなジャンルです。

正直初めて悪役令嬢物のジャンルを知ったときは、「女性主人公ってことは、女性向けのジャンルなのかな?」と思いましたが、破滅の運命に立ち向かおうとする主人公の姿はむしろ男心をくすぐるものがあり、男女問わず楽しめるジャンルであると言えるでしょう。

小説家になろうでは以前からブームになっていましたが、最近ではアニメ化される悪役令嬢作品が増えてきて、一般にも知られるジャンルとなってきました

そこで今回は、僕が小説家になろうで読んできた悪役令嬢物作品の中で、おすすめのものを紹介していきたいと思います。

時代はヒール!?おすすめ悪役令嬢作品10選【小説家になろう】

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった・・・

ストーリー:★★★☆☆
熱い   :★★☆☆☆
笑える  :★★★★★
かわいい :★★★★★
恋愛   :★★★★★
感動   :★★★☆☆
ダーク  :★★☆☆☆

タイトルの通り、悪役令嬢カタリナに転生した主人公が破滅を回避するために奮闘するお話です。

主人公のカタリナはハッキリ言ってあほの子で、「乙女ゲームの関係者にはあまり関わらない方が良い」と理解しているのに、それをあっさり忘れて気の向くままに友人を作ってしまいます。

しかし、その損得を気にしない態度が周囲の人間の心に触れ、自然と味方を増やしていくという話の流れです。

いわばカタリナは天然の”人たらし力”で運命に立ち向かう主人公と言えるでしょう。

カタリナ自身は真面目に破滅を回避しようとしているつもりなのですが、いつも斜め上の行動ばかりとってしまう…そんな様子がコミカルで面白い作品です。

ヒロインな妹、悪役令嬢な私

ストーリー:★★★★★
熱い   :★★★☆☆
笑える  :★★★★★
かわいい :★★★★☆
恋愛   :★★☆☆☆
感動   :★★★★★
ダーク  :★★☆☆☆

悪役令嬢であるはずの主人公が、ゲームシナリオそっちのけでヒロインである義妹を溺愛するという物語

ある日前世の記憶が蘇ったクリスティーナは、自分が乙女ゲームの悪役令嬢で「義理の妹であるミシュリーを酷く虐めるキャラクター」であることに気が付きました。

しかし実際に義妹になったミシュリーを見ると、その可愛らしさに心を撃ち抜かれてしまいます

ミシュリーにメロメロになったクリスティーナは、「ミシュリーは私が幸せにする!!」とゲームのシナリオを完全に無視してミシュリーを可愛がることにする…というお話です。

クリスティーナのユニークな行動には笑ってしまいますし、仲の良い姉妹の様子には何とも尊い気分にさせられます。

基本的にコメディーですが、中盤にちょっとした山場があり、最後はしっかりと感動させてくれる作品です。

悪役令嬢の怠惰な溜め息

ストーリー:★★★★★
熱い   :★★★☆☆
笑える  :★★☆☆☆
かわいい :★★★☆☆
恋愛   :★★★☆☆
感動   :★★★☆☆
ダーク  :★★☆☆☆

悪役令嬢に転生した主人公が、望まぬ婚約を解消するために暗躍するというお話。

主人公のエセリアは、最初こそ「この世界には娯楽が少ない!」と退屈しているのですが、「なら自分で娯楽を造って世に広めればいい」という具合に前向きで行動的な少女なので、非常に好感がもてます。

そのエセリアが王命により、自分勝手な王子と婚約を結ぶことになってしまいます。

王族になんてなりたくないエセリアですが、王命には逆らえない…ならば相手の有責で婚約破棄できるように王子を誘導しよう…という流れのストーリーです。

他の悪役令嬢物との大きな違いは、物語の黒幕が主人公であるという事でしょう。

王子のあまりの身勝手ぶりに読んでいてイライラさせられますが、その分エセリアに上手く誘導されて墓穴を掘っていく様は笑えますし、「ざまぁ展開」が来たときはスーッと爽快感を味わえます

エセリアは決して悪人というわけではありませんが、まるで本物の悪役のように暗躍していくのがこの作品の見どころと言えるでしょう。

ふつつかな悪女ではございますが

ストーリー:★★★★★
熱い   :★★★☆☆
笑える  :★★★★★
かわいい :★★★☆☆
恋愛   :★★★☆☆
感動   :★★★★☆
ダーク  :★★☆☆☆

才色兼備で次期皇后間違いなしと呼ばれていた主人公が、それを妬んだ悪女と身体を入れ替えられてしまうという物語。

主人公の玲琳は、人気者から一気に嫌われ者に転落してしまい、周囲から浴びせられる敵意に絶望する…と思いきや、そうはなりません。

実は玲琳は極度の虚弱体質で、むしろ「健康な身体が手に入った」と大喜び!周囲の敵意なんてものともせずに、今までの身体では出来なかった健康ライフを満喫し始めます。

過酷なはずの状況で生き生きしている玲琳は、本当にたくましく魅力的な主人公で、最初は敵意を向けていた周囲の人間がそんな玲琳の姿に戸惑いながらも、次第に絆されていくことになります。

どんな状況でも、常に前向きでいることの大切さを教えてくれる、そんな作品です。

嘘つき戦姫、迷宮をゆく

ストーリー:★★★★★
熱い   :★★★★★★
笑える  :★★★★☆
かわいい :★★★☆☆
恋愛   :★☆☆☆☆
感動   :★★★★★
ダーク  :★★★☆☆

悪役令嬢物の皮を被った激熱バトルストーリー

主人公のリルドールは絵にかいたような我儘令嬢で、平民でありながら英雄と呼ばれている冒険者ライラに因縁をつけたあげくに、返り討ちに遭い学園を追放されてしまいました

あくまで自分の非を認めようとしないリルドールは、「自分も冒険者として成功すればライラを見返せるのでは」と考えて、冒険者としてダンジョンに潜ることにします。

ダンジョンを甘く見ていた主人公が、現実に打ちのめされ、それでも成長していく姿は、まさに道バトル漫画のような展開で、ついつい手に汗を握ってしまいます。

口先ばかりの嘘つき令嬢が、かつて自分がついた嘘を現実にしていく英雄譚です。

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です

ストーリー:★★★★☆
熱い   :★★★★★
笑える  :★★☆☆☆
かわいい :★★★★★
恋愛   :★★★★☆
感動   :★★★☆☆
ダーク  :★★★★☆

乙女ゲームの世界にモブキャラとして転生してしまった主人公(♂)が、前世の知識を生かして冒険者として成功し、成り上がっていくという物語

女尊男卑の世界で奴隷のような扱いを受けていた主人公リオンは、冒険者として手柄を立てることで現状を変えることに成功しました。

その後、乙女ゲームの舞台である学園に入学したリオンですが、すぐに違和感に気が付きます。

ゲームのヒロインはオリヴィアという少女の筈なのですが、攻略対象たちはオリヴィアそっちのけでマリエという少女に夢中になっていたのです。

どうやらマリエも転生者のようで、オリヴィアが起こすはずのゲームイベントを先んじて起こすことで、ヒロインの座を奪ってしまったようです。

さらにはイベントの進行のために、何の非もない悪役令嬢を断罪しようとしているようで…

リオンはどんどん追い詰められていく悪役令嬢を見かね、マリエや攻略対象たちに立ち向かうことを決意する…というお話です。

地位をひけらかして身勝手に振舞う攻略対象たちには非常にイライラされられますが、その分リオンの反撃ターンが来た時の爽快感がたまりません!

ざまぁ系作品が好きな人に一押しの作品です。

白豚妃再来伝 後宮も二度目なら

ストーリー:★★★★★
熱い   :★★☆☆☆
笑える  :★★★☆☆
かわいい :★★★☆☆
恋愛   :★★★☆☆
感動   :★★★★★
ダーク  :★★★☆☆

かつて冤罪により後宮を追放された主人公が、まさかの女官狩りに遭い、不本意ながら後宮に舞い戻ってしまうというお話です。

主人公の珠麗は、かつては白豚妃と呼ばれるほど太っていましたが、長い貧民生活ですっかり痩せてしまったために、後宮で昔の知り合いに会っても基本的に気付かれません。

追放される際に「後宮に戻れば処刑」と言い渡されていた珠麗は、正体がバレる前に逃げ出そうとすのですが、下手に周囲の人間に気に入られてしまいどんどん囲い込まれてしまいます。

人気者になればなるほど、珠麗の逃げ道が塞がれていく…そのすれ違いぶりがなんとも面白い作品です。

勿論、慰謝料請求いたします!

ストーリー:★★★★☆
熱い   :★★☆☆☆
笑える  :★★★★☆
かわいい :★★★★☆
恋愛   :★★★☆☆
感動   :★★★★☆
ダーク  :★☆☆☆☆

お金にがめつい主人公が、自分勝手に婚約破棄しようとする婚約者から慰謝料をふんだくろうとする…という物語。

主人公のユリアスは非常に商魂たくましく、お金儲けのためなら自分の婚約さえも利用してしまう割り切りっぷりに思わず笑ってしまいます。

とはいえ悪人という訳でなく、周囲とWin-Winの関係を築いている、しっかりとした女性です。

対して婚約者の男は、まさに身分が高いだけの世間知らずとい言った様子で、どんどん墓穴を掘っていくので、その姿もコミカルで笑える要素となっています。

レディローズは平民になりたい

ストーリー:★★★★☆
熱い   :★★☆☆☆
笑える  :★★★☆☆
かわいい :★★★★☆
恋愛   :★★★★★
感動   :★★★★★
ダーク  :★★★☆☆

主人公は乙女ゲームのヒロイン レディローズに転生します。

しかし王子との結婚よりも自由な平民生活に憧れていたため、悪役令嬢に負け冤罪を被ることで、ワザと貴族社会を追放されることを考え付きました。

首尾よく平民になることに成功したレディローズですが、彼女が冤罪であることに気が付いたかつての知り合いが次々とレディローズを迎えに来て…というお話です。

主人公が転生するのはヒロインの方ですが、変則的な悪役令嬢物と言っていいでしょう。

平民で居続けたいレディローズと、それを理解できない周囲とのすれ違いや腹の探り合いが見どころとなっている作品です。

無欲の聖女

ストーリー:★★★★★
熱い   :★★★☆☆
笑える  :★★★★★
かわいい :★★★★☆
恋愛   :★★★★☆
感動   :★★★☆☆
ダーク  :★★☆☆☆

勘違いが解決することなく、どんどん加速していく勘違いコメディー

孤児院育ちの少年レオは、ある日偶然出会った少女レーナ身体が入れ替わってしまいます

実はレーナの母親はかつて冤罪により追放された高位貴族の令嬢で、その後冤罪であることが明らかになったので、レーナは今後貴族の学園に通わなくてはならないというのです。

レオは成り行き上レーナの身体で学園に通うことになってしまいますが、レーナは貴族の間で良くも悪くも有名人…レオは周囲から「なにか野心があって戻ってきたのでは…」と警戒の視線を浴びせられることになります。

しかし自他共に認める守銭奴であるレオは、そんな視線に気が付くこともなく、金目の物に釣られてあっちにフラフラこっちにフラフラ…

貴族たちからすれば、高位貴族がいまさら小銭のために動き回っているとは思わないので、「実は凄く無欲な女性なのでは…?」という誤解を生むことになります。

ただ金にがめついだけのレオが、勘違いによりどんどん聖人扱いされていくのが笑いどころで、流れるように勘違いが生み出されていく非常によくできた勘違いコメディーです。

最後に

以上、おすすめ悪役令嬢作品10選如何でしたでしょうか。

悪役令嬢物は比較的新しいジャンルではありますが、基本的に「主人公が自分の才覚を頼りに、理不尽な運命に立ち向かっていく」というお話なので、実は王道的な熱さを内包しているジャンルであるといえます。

どれも似たような設定に見えて、実際に読んでみると個性溢れるものがたくさんありますので、今回紹介した作品たちを、あなたも気に入っていただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました