【序盤ネタバレ】「姫様“拷問”の時間です」(春原ロビンソン,ひらけい)あらすじ&感想【漫画】

姫様“拷問”の時間です漫画
出典:版元ドットコム
スポンサーリンク

こんにちは!
漫画大好きサラリーマンのヘーボンです!

特定の状況下の繰り返しを描写していくマンガってありますよね。

一日だけの休日の様子を描写した「一日外出碌ハンチョウ」とか、牢屋の中で快適な睡眠を目指す「魔王城でおやすみ」とか、授業中の暇つぶしの様子を描いた「となりの関くん」といった作品ですね!

あえて条件を絞ることで、その後話がどう発展していくのかがそれらの作品の見どころとなっています。

今回紹介する漫画はそんな作品の中でも特に特殊な状況の作品です。

↓その漫画がこちら↓

「姫様“拷問”の時間です」(春原ロビンソン,ひらけい)

この漫画のテーマはまさかの拷問です!

魔王軍に囚われた姫様が、人間軍の弱点を白状するようにと拷問を受けるというストーリー。

「え?それって痛々しい話?」と心配した方はご安心ください。

拷問といっても、食べ物で釣ったり、遊びを我慢させたりと人の欲に訴えかけるものばかりで、残酷な描写は一切ありません。

強がりながらも誘惑に負けそうになる姫様がなんだか可愛らしい、平和な拷問コメディーです!

あらすじを一話分のネタバレありで解説しますので、気にする方はご注意ください。

【漫画】「1日外出碌ハンチョウ」感想【弱ネタバレ含む】
「1日外出碌ハンチョウ」を読んだ感想です。休日の過ごし方を悩んでいる人におすすめしたい作品。休日を楽しむことは人生を楽しむって事だと思います!これを読めば、今よりもっと人生が楽しくなるかも?ネタバレ弱めで解説します。

「姫様“拷問”の時間です」あらすじ(1話分ネタバレ)

魔王軍と人間の国王軍との戦争が始まって幾年月…

人間の国の第一王女は、意志を持つ聖剣『エクス』と共に魔王軍に囚われていました。

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

魔物たちは姫に国王軍の弱点を白状するように迫りますが、強情な姫は一向に口を開こうとしません。

そんな姫の様子に業を煮やした魔王は、遂に拷問官による拷問を指示したのでした。

しかし姫も唯のか弱い少女ではありません。

実は姫は王女でありながら第三騎士団 団長を務めるほどの剛の者
かつて幻術使いと戦った際には、自ら舌を噛み切って幻術を打ち破ったほどに強靭な精神力の持ち主です!

例えどのような拷問だろうと、屈する姫様ではありません!!

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

そして今日も、拷問官による過酷な拷問が始まります。

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

その日拷問官トーチャーが取り出したのはなんと…カップ麺!?

まさか食べ物で釣ろうとでも言うのでしょうか。
しかもこんな庶民的な食べ物で?

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

さすがにこれには姫様も余裕顔!
「シーフード派だから大丈夫!!」と豪語します。

そんな姫様を尻目にカップ麺にお湯を注ぐトーチャー。

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

その瞬間、部屋中にカレーの良い匂いが充満していきます。

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

その食欲をそそる香りに、否が応でも姫様の脳内をカレーヌードルが満たしていきます!

麺に程よくからむとろとろのカレースープ
パサパサなのになぜかシャキシャキ美味しいフリーズドライ角切りポテト

その時、3分を知らせるタイマーのアラームが鳴り響きました!

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

勝利を確信し微笑む姫様。

しかし3分が過ぎたというのに、トーチャーは一向に動こうとしません。

「何を言っているのです姫様…”拷問”はここからが本番です

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

なおも放置されるカップ麵…

「貴様…まさかこのままフタを開けないつもりか…?」

このままでは麺がびよんびよんに伸びてしまいます!

目の前のカップ麺が食べられなくなる…その事実が姫の心を締め付けます!

「ぐっ…この…外道がぁーーーーー!!!

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

姫様は耐え切れず、遂に王国の警備の弱点を話してしまいました。

これでもう姫は用済み王国も一巻の終わり…と思われましたが…

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

「え、なんですって?魔王様、水曜日は塾がある?

魔王が塾だったため、警備の弱点を突く作戦は却下されました。

そして新たな弱点を喋らせるため、明日も姫の拷問は続く…。

【序盤ネタバレ】「ドラゴン、家を買う」感想(多貫カヲ、絢薔子)
「ドラゴン、家を買う」を読んだ序盤ネタバレありの感想です。ドラゴンといえばファンタジー世界では最強種であるというのがお約束ですが、この主人公は図体デカいわりに何もできないヘタレドラゴン。そんな最弱ドラゴンでも、安心して暮らせる場所が欲しい!…というわけで、不動産屋さんと一緒に自分が住むための家を探しに行くという物語です。

主な登場人物

姫様

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

人間の王国の第一王女で、自ら第三騎士団団長を務める姫騎士。

今まで過酷な戦いを切り抜けてきたという自負があり、どんな拷問にも耐えてみせると豪語しますが、逆に欲を刺激されると弱いのか、トーチャーの拷問という名の誘惑にすぐに心が揺らいでしまいます。

話が進むにつれどんどん忍耐力が薄くなっていき、すぐに秘密を話してしまうので、ハッキリ言ってこのマンガの見どころは『姫が耐えられるか』ではなく『姫がどうやって白状するか』です。

舌嚙み切った後にカップ麺は止めた方が良いと思うぞ…。

エクス

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

姫の愛剣で、意志を持つ聖剣。

主である姫の事を尊敬していますが、魔王軍に捕まってからの姫の堕落ぶりには呆れ気味です。

しかし自分が拷問を受けた際は彼もあっさり口を割ったので、割と人の事を言えないかもしれません。

主に拷問に狼狽する姫へのツッコミ役を担います。

囚われの姫からどうして武器を奪わないのかという指摘は野暮だろうか…。

トーチャー・トルチュール

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

魔王軍 最高位拷問官。

王国の秘密を探るために姫を拷問します。

しかしその拷問の内容は、飯テロ娯楽を我慢させるなど平和的なものばかりで、姫が秘密を喋った後はちゃんと約束の物を与えるなど結構優しいです。

魔王

出典:姫様“拷問”の時間です 1巻

文字通り魔族の王で、トーチャーの主。
トーチャーに姫から王国軍の弱点を聞き出すように命じますが、聞き出した情報を『塾があるから』『娘が風邪を引いたから』『かわいそうだから』といった理由で却下してしまいます。

却下する理由は毎回違うので、『今回はどんな理由で却下するのか』というのも本作の見どころの一つになってます。

恐ろしい見た目や口調に反して人格者で、姫がトーチャーに同情してあえて秘密を漏らした時などは「人の好意を利用しちゃいけない」と言って敢えて報告を聞きませんでした。

【漫画】「渡くんの××が崩壊寸前」あらすじ&感想【弱ネタバレ含む】(鳴見なる)
「××ってなんだよ!」って言いたくなるタイトルですね!それは作品を読めば分かる…かもしれません。シスコンの主人公と周囲の女の子たちとのラブコメなのですが、実はこの漫画のキャラクター、全員心に何らかの闇を抱えてます。日常漫画ならぬ、日常崩壊漫画です!

「姫様“拷問”の時間です」感想

姫がチョロ可愛い拷問コメディー。

正直一話目を読んた時は「状況が限定的過ぎて、すぐマンネリ化しちゃうんじゃ…?」と心配になったのですがとんでもない!

『姫強がる』→『拷問開始』→『姫屈する』→『魔王に報告』→『魔王却下』

というテンプレートはしっかり守るものの、毎回拷問の趣向を変え、『姫のリアクション』も『魔王が作戦を却下する理由』もどんどん斜め上に向かっていって、読めば読むほど面白くなります

まとめると
・平和な拷問コメディー
・姫がチョロ可愛い
・魔王が作戦を却下する理由が面白い
・基本的にみんな良い人
・読めば読むほど面白くなる。

この姫様、ひみつ喋りすぎです。

↓「姫様“拷問”の時間です」読むならこちら↓

ebookjapanで読む hontoで読む

スキマで読む

↓春原ロビンソン先生の他作品はこちら↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
【序盤ネタバレ】「誰かこの状況を説明してください!」感想【なろう系小説】(徒然花)
契約結婚をした主人公が、お互いに愛人OKの割り切った夫婦関係になるのですが、段々と旦那の方が本気になってきて…というお話です。まるで相思相愛であるかのように振る舞い始める旦那に対して、あくまでマイペースな主人公。お互いに「この人なんでこんな事言うんだろう?」とでも言いたげな掛け合いが面白い!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました