「パリピ孔明」あらすじ&感想【弱ネタバレ含む】(四葉夕卜・小川亮)【漫画】

パリピ孔明漫画
出典:版元ドットコム
スポンサーリンク

こんにちは!
漫画大好きサラリーマンのヘーボンです!

みなさん三国志って好きですか?

なにを隠そう、僕が初めて読んだ漫画が横山光輝先生の『三国志』でした。

中国の三国時代の物語ですが、日本でも大人気で、多くの漫画やゲームの題材になりました。

最近では、武将を女体化させたりなんて変わり種もありますね。
今回紹介するのは、そんな変わり種三国志マンガの一つです!

↓その漫画がこちら↓

「パリピ孔明」(四葉夕卜・小川亮)

パリピ…三国志に最も似つかわしくない単語ですね。笑

タイトル通り三国志で最も有名な人物の一人、天才軍師 諸葛孔明が主人公です。

現代日本にタイムスリップした孔明が、最初は戸惑いつつもスグに適応し、現代を謳歌するというストーリー!

正直、最初はミスマッチなタイトルに釣られて、冷やかし半分で読み始めました。
それが孔明の罠とも知らずに…。(ハマりました)

「パリピ孔明」あらすじ

諸葛孔明。
蜀の天才軍師と呼ばれた彼は、五丈原の戦いで志半ばで倒れました。

出典:パリピ孔明 1巻

死んだはずの孔明が次に目覚めたのは、なんと渋谷のダンスクラブだった!?

出典:パリピ孔明 1巻

突然変わった目の前の光景に、さてはここが地獄かと考える孔明。

出典:パリピ孔明 1巻

地獄の責め苦(チャラ男たちのノリ)に苦しみ、酔い潰れた孔明を拾ったのは、そのクラブで歌っていた歌手の卵、月見英子でした。

出典:パリピ孔明 1巻

英子と話すことで、ようやくここが地獄ではなく1800年後の世界である事を悟ります。

出典:パリピ孔明 1巻

すっかり変わり果てた世界の様子に戸惑いを隠せない孔明ですが、しかしそこは天才軍師と呼ばれた男。みるみるうちに知識を吸収し、現在社会を理解していきます

出典:パリピ孔明 1巻

ひとまず英子が働いている店で雇ってもらえることになった孔明。
今後の身の振り方を考えている内に、英子の身の上話を聞くことになります。

英子は歌手を目指していますが、なかなか目が出ずに諦めようと考えていたのでした。

出典:パリピ孔明 1巻

しかし、英子の歌を聞いた孔明は彼女が天下を取れる才能を持っていることを確信します。

「英子さんの歌…三度聞かせて頂きました。そしてこの感動をもっと多くの人に届けたいと思いました」

出典:パリピ孔明 1巻

不可能を可能にする天才軍師の知略が、一人の少女との出会いにより現代社会に炸裂する!!

主な登場人物

諸葛亮<字 孔明>(しょかつりょう<あざな こうめい>)

出典:パリピ孔明 1巻

三国時代を生きた天才軍師。
なぜか若返った状態で現代日本にタイムワープします。

最初こそ変わり果てた世界に戸惑いますが、みるみるうちに知識を吸収してしまい、その天才ぶりは現代に来ても健在です。

英子の歌に惚れこみ、英子を歌手として成功させるためにその軍師となります。

月見 英子(つきみ えいこ)

出典:パリピ孔明 1巻

歌手を夢見る少女。
歌の才能はあるようで、孔明を始めとして彼女の歌唱力を認める人は居ますが、なかなかオーディションに受からず挫折しかけていました。

しかし孔明のプロデュースにより、徐々にその才能を世に知らしめていきます。

ちなみに三国志の知識は無く、孔明の事はただのコスプレおじさんだと思っているようです。

名前の由来はおそらく孔明の妻である黄月英からでしょう。

小林(こばやし)

出典:パリピ孔明 1巻

ラウンジのオーナーで、孔明や英子の雇い主です。
かつて家族の事で思い悩む英子に音楽を教え、歌手という夢を与えました。

また重度の三国志オタクで、三国志ネタは彼が解説してくれるので、三国志を知らない読者も安心です。笑

「パリピ孔明」感想

天才軍師 孔明が、現在社会で歌手の卵の少女をプロデュースする物語。

最初こそタイプスリップした縄文人そのもののリアクションをする孔明ですが、あっという間に順応してしまう天才ぶり。

ブロックチェーン技術なんて、現代人でも説明できる人そうは居ないよ…。

「そもそも三国時代の軍師に歌手のプロデュースなんて出来るの?」という疑問が湧いてきますが、かつて三国志で孔明がやったとされる策略の応用で見事に集客してしまったりして、「やっぱ孔明ってSUGEEEEEE!!」という感覚をたっぷりと味わうことが出来ました!

出典:パリピ孔明 1巻

三国志ネタを上手く組み込んでくるので、三国志好きには堪らない漫画です!

…あ、ちゃんと解説してくれるので、三国志知らない人でも楽しめると思いますよ。

まとめると
・現代にワープした諸葛孔明
・孔明が歌手の卵をプロデュース
・チャラいノリに三国志ネタを上手く合わせている
・三国志知らない人も大丈夫

孔明に騙されたと思って、一度読んでみませんか?

↓「パリピ孔明」読むならこちら↓

ebookjapanで読む  hontoで読む  スキマで読む

↓四葉夕卜先生の他の作品はこちら↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました