【漫画】「最強伝説 仲根」感想【弱ネタバレ含む】(福本伸行・横井憲治・上原求・新井和也)

漫画
出典:最強伝説仲根 コミックス第1巻
スポンサーリンク

こんにちは!
漫画大好きサラリーマンのヘーボンです!

突然ですが、一つあなたの行動を言い当ててみせましょう。

ズバリ!あなたはTwitter経由でこのページに辿り着きましたね!?

どうです!当たったでしょう?
…まあ僕がTwitterでこの記事をシェアしてるんで、大半の人は当たるのですが…。

何が言いたいかというと、この記事を見ている人の99%がTwitter等のSNSを使っているであろうという事です。
そんな皆さんに今回は、あるSNSを題材にした漫画を紹介したいと思います!

↓その漫画がこちら↓

「最強伝説 仲根」(福本伸行・横井憲治・上原求・新井和也)

この漫画で登場するSNSはインスタです!
何年か前に「インスタ映え」という単語が流行語大賞に選ばれましたし、読者さんの中にも実際に使っているという人も多いんじゃないでしょうか?

インスタに夢中になった主人公が、どうしたらいいねが付くのか悩む姿を面白おかしく描いた物語です。たぶん読者さんの多くも、大なり小なり同じ悩みを抱えてらっしゃるのでは?笑

「最強伝説黒沢」という漫画のスピンオフという位置付けですが、本編を知らなくても問題なく読めますよ。

「最強伝説 仲根」あらすじ

中学生時代、仲根秀平は不良グループのリーダーを務め、喧嘩上等、頭脳明晰、加えて家はお金持ちで女にモテるというスーパー中学生でした。

そんな仲根ですから、中学生の自分に少し脅されただけで怯んでしまう大人たちに失望し、「自分はこんな大人にはなりたくない。何も恐れず強く生きてやる」と考えていました。

出典:最強伝説仲根 コミックス第1巻

そして時は流れ、24歳になった仲根は銀行員に。
要領の良い仲根は若くして活躍していきますが、どこか心の中に不満を感じています。

出典:最強伝説仲根 コミックス第1巻

不満を隠し、愛想笑いを浮かべながら社交辞令を口にする。

「これで良いのか?これが大人になるってことなのか!?」

悶々とした日々を送る仲根ですが、ある日友達たちが開いてくれた誕生会で、友達からインスタに上げた仲根の顔写真を見せられます。

出典:最強伝説仲根 コミックス第1巻

そこについた大量のいいね!。

「俺の何がそんなに『いいね!』だって言うんだ…?」

訳が分からない仲根ですが、不思議とさっきまで感じていたモヤモヤは消えていました。

取り繕った社交辞令の言葉ではなく、スマホに移ったいいね!の数字に、仲根は認められたような気がしたのです。

ーそのままで「いいね!」そのままが「いいね!」ー

それ以来、仲根はすっかりインスタにハマり、新しい生き甲斐となりました!

しかしそれも束の間、すぐに新しい悩みを抱えることになってしまいます。

出典:最強伝説仲根 コミックス第1巻

「いいね!」が…付かない…!

色々な投稿をしても、有名人のマネをしてみても、一向にいいね!が増えない…!

出典:最強伝説仲根 コミックス第1巻

仕事も友人関係も、要領よくこなしてきた仲根ですが、インスタだけは上手く出来ない!!

「いいね!」欲しさに悩みに悩みぬく、仲根秀平の物語です。

出典:最強伝説仲根 コミックス第1巻

主な登場人物

仲根 秀平(なかね しゅうへい)

出典:最強伝説仲根 コミックス第1巻

元不良グループのリーダーで、現在は優秀な銀行員。

理想と現実のギャップに苦しんでいましたが、インスタを始めたことで今の自分が認められたと感じ、インスタにハマります。

現在は「いいね!」を増やす方法を模索していて、上司にインスタを否定されたり、ベテランユーザーはインスタの為に食べもしないスイーツを買っているという話を聞いて衝撃を受けたりしながら、自分なりのインスタとの向き合い方を探していきます。

孝志(たかし)

出典:最強伝説仲根 コミックス第1巻

仲根を慕う会社の後輩。

どんくさくて仕事はあまり出来ませんが、実はフォロワー500人以上のインスタユーザーです。

インスタで目立つためなら写真を撮り終わったスイーツを捨てることも当たり前という徹底ぶり。

…でも先輩に奢ってもらう時にやるのはどうかと思う…。

足立 茂雄(あだち しげお)

出典:最強伝説仲根 コミックス第1巻

仲根や孝志の上司。

部下の手柄は自分のもの、自分の失敗は部下のせいという尊敬できない大人No.1の男です。

酔った拍子に「インスタなんてみっともない」と言い放ち、仲根と12億人のインスタユーザーに喧嘩を売りました。

後半ちょっと良い人ズラしますが、僕は許しません。

「最強伝説 仲根」感想

「いいね!」が欲しい。
SNSやってる人なら、誰もが思っていることじゃないでしょうか。

「いいね!」貰えると、どうしてあんなに嬉しいんでしょうね。

僕が思うに、リアルの人間関係って、大人になればなるほど社交辞令が多くなって、本音で話してくれる相手って少なくなる傾向があるんですよね。

そんな中で、良くも悪くも本音が出やすいSNSで付いた「いいね!」には、社交辞令抜きで認められたような実感があるのかもしれません。

まとめると、
・インスタを題材とした話
・仲根の苦悩に共感できる。
・自分のSNSとの付き合い方を見直すいい機会になるかも?

現在2巻まで出ていますが、2巻ではうって変わって資産運用が主題の話となっていきます。
インスタの話は少ししか出てきませんが、それはそれで面白いですよ!

↓「最強伝説 仲根」を読むなら↓

ebookjapanで読む

hontoで読む

↓「最強伝説黒沢」を読むなら↓

ebookjapanで読む

hontoで読む

スキマで読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました